03-5848-4810

予約制となります。
お電話にてご予約ください。

西武池袋線 富士見台駅より徒歩1分

初診ネット予約ココ

強迫性障害

強迫性障害とは

ご本人にとって好ましくない考え(強迫観念)が頭に浮かび、その不快な考えや気分を振り払おうとして何度も同じ行動(強迫行為)を繰り返してしまう疾患です。

例えば、「自分の手には細菌がたくさん付着して汚れている」という思い込みが強まり、強迫観念を抱いてしまう。その結果、何度も手を洗わないといられなくなったり、肌荒れするほど手を消毒したりしてしまうのです。

この他にも、ドアをきちんと施錠したか心配になり、家に戻って確認してしまう。ラッキーナンバーなどの縁起にこだわってしまう。これらは一般的に見られることですが、それがエスカレートして日常生活に支障が出てしまっている状態が強迫性障害という疾患なのです。

強迫性障害の主な症状

  • 外出したときに、ドアをきちんと施錠したか心配になり、家に戻ったりする
  • 家にいるときに、窓や玄関のカギ、ガス栓、電気器具のスイッチが閉まっているのか不安になり、何度も確認してしまう
  • 自分の手が過度に汚染されていると感じ、石鹸やアルコールなどで何時間も手を洗ってしまう。
  • ラッキーナンバーなど、数字や縁起にこだわりがあり、それ以外の数字などでは不安を感じてしまう。
  • 自分の決めた回数や手順で物事を行わないと不安になり、それに従う。
  • 誰かに危害を加えたのではないかと思い、通ってきた道を戻って確認したことがある。

など

治療方法

強迫性障害の前提となる強迫観念を完全に解消することは非常に難しいと考えられています。そのため、症状が全く出なくなることを最終的な治療目標とするのではなく、ご自身の状態を客観的に捉え、社会生活に支障が出ない状態へとコントロールしていくことが大切です。
この点を踏まえたうえで、患者様それぞれの症状や特性、治療的動機付けの程度などを総合的に判断し、治療を進めていきます。抗うつ薬などの薬物療法や認知行動療法的なアプローチが中心となります。

周囲のご理解も必要

なお、強迫性障害の治療にあたっては、周囲の理解も必要となります。ご家族が症状を正しく理解すること、患者さんが治療を受けるよう根気強く支えること、患者さん自身が最も苦しんでいることを忘れない、病気について責めないことが大切です。さらには、ご家族などの方も自分の健康に気を付けつつ、主治医と連携して無理なく応援して頂きたいと思います。

アロハメンタルクリニック

診療科目
心療内科・精神科
電話番号
03-5848-4810

予約制となります。
お電話にてご予約ください。

所在地
〒176-0021 東京都練馬区貫井3-11-12
最寄駅
西武池袋線 富士見台駅より徒歩1分

診療時間

09:30〜12:30
15:00~19:30

◎:15:00~18:30
休診日:火曜・祝祭日(日曜は不定休となります)