03-5848-4810

予約制となります。
お電話にてご予約ください。

西武池袋線 富士見台駅より徒歩1分

初診ネット予約ココ

双極性障害

双極性障害とは

うつ病と同じような「うつ状態」だけでなく、これとは対極にある「躁状態」も現れ、この両方の状態を繰り返してしまう慢性の精神科疾患です。以前は躁うつ病と呼ばれていましたが、うつ、躁という両極端な病態が起こるため、現在の名称は「双極性障害」となっています。

双極性障害のタイプ

双極性障害は、躁状態の程度によって2つのタイプに分けられます。1つ目は、気分が著しく高揚し、社会生活に支障をきたしかねない「躁状態」を伴うタイプであり、双極Ⅰ型障害と呼ばれます。陽気で開放的になったり、興奮して怒りっぽくなるなど、普段と明らかに異なる状態となりますが、周囲の意見に耳を貸さず、自制がきかなくなるケースも多く見られます。多額の借金を抱えたり、暴力的になり入院が必要となることも多々あります。
もう1つは、比較的「軽い躁状態」を伴うタイプです。双極Ⅱ型障害と呼ばれています。

躁の主な状態

  • 通常よりもはるかに強い気分の高揚感
  • 全身にエネルギーが満ち溢れているような気分
  • 自分が偉くなったと思い込む
  • 機嫌がよく、全く知らない他人に対しても話しかけてしまう
  • 夜に眠らなくても平気でいられる
  • 相手が寝ている時間(深夜や早朝など)でも平気で電話をかけてしまう
  • 口数が多くなり、喋りはじめると止まらない
  • 誇大妄想を抱くようになる
  • すぐに気が散って、集中できない
  • 借金をしてまで物を買いあさってしまう
  • 性的に無分別な行動をしてしまう

など

うつの主な状態

  • 一日中、気分が憂鬱で何もする気が起こらない
  • 今まで好きだった趣味などにも興味が持てなくなった
  • 食事が楽しくなく、体重が落ちてきた
  • 夜は寝付けない、夜中に目が覚めてしまうこともある
  • 過去のちょっとした出来事にも悩んでしまい、忘れることができない
  • 自分を責めることばかり考えている
  • じっとしていることが出来ず、うろうろと落ち着きがない
  • 自殺を考えてしまう

など

主な治療法

主に薬物による治療を行います。一般的には気分安定薬と呼ばれるカテゴリーの薬を中心とした治療を行いますが、状態に応じて他の薬も併用する場合があります。
治療上難しい点は、最初うつ状態で受診された場合うつ病と双極性障害の鑑別がつかないところです。そうした場合過去に明らかな躁状態を呈したことがなければ抗うつ薬が処方されることが多いのですが、双極性障害の方が抗うつ薬を服用した場合、ほとんど効かなかったり、逆に比較的短期でうつ状態が改善するなどうつ病の方が抗うつ薬を服用された場合と反応が異なることがあります。抗うつ薬を服用してから初めて躁状態が出現しうつ病ではなく双極性障害であると診断がつくこともあります。
いずれにしろ双極性障害の治療では薬物療法が基本となります。

アロハメンタルクリニック

診療科目
心療内科・精神科
電話番号
03-5848-4810

予約制となります。
お電話にてご予約ください。

所在地
〒176-0021 東京都練馬区貫井3-11-12
最寄駅
西武池袋線 富士見台駅より徒歩1分

診療時間

09:30〜12:30
15:00~19:30

◎:15:00~18:30
休診日:火曜・祝祭日(日曜は不定休となります)